FC2ブログ
プロフィール

黒騎士@

Author:黒騎士@
(注)当ブログのNGワードは「http」「@」となってますご注意を

 二次元変態絵描き、自作絵を掲示板に投稿しまくって、極めて狭い世界でのみ名を知られる。
 実力は万年人材不足のこのジャンルでなければせいぜい普通絵師。
 リクエストに答える事に何の抵抗もないので大体において好意的な反応を受けるが、目立ちすぎた所為か荒らしを呼び込んでしまう(皮肉のために絵を丸ごとリファインする者まで現れた)

 次はどこに住み着こうかなぁ。

 

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

黒騎士の隠れ家。
変態絵や日記をダラダラとさらすブログです。
超次元伝説ラルSS16
192


文・内藤2000  絵・黒騎士 

~~~ 十二章 ~~~

「い、イやぁああああああああ~~~~~~~~~~~~~~っっっ!!!!!」
絶叫と共に キャロンの瞳が秘門を見やる。
手首、足首 共に巨大ローパーの触手によって地面に固定されている為、首を巡らせても己の尻丘しか見えなかったが、
そうせずにはいられなかった。

「あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁぁぁ…………」
涙に濡れた深緑の瞳が、高々と掲げられた白い尻肉のはざまで ウネウネと蠢く触手を映す。
樹妖の触手は 憎っき怨敵の叫びに酔いしれ、獲物の肉穴の反応への歓喜に 小踊りしていた。

(「……け…穢された……… ………私、……穢されちゃったよぉォォ…………」)
これまで幾度と無く辱めを受けてきたが、肛内で放出されたのは 初めての体験だった。
熱く脈打ち 欲望の権化を注ぎ込んで来る 雄の器官に、征服され 屈服されられているという現実が、
射精という行為によって より強調され 少女の精神に深く刻み込まれる。
[READ MORE...]